読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎好きにゃんこの妄想

浅~い知識とおふざけ妄想脳で謎解きするニャ🐱

三原舞依ちゃん PB更新!! GPS中国大会 SP

最後のフリップも決めた!!

初戦アメリカ大会、GPSシニアデビュー戦にして表彰台に上がり、「名前だけは聞いた事あったかも」だった選手から、いっきに私の好きな選手リストに入ってきた三原選手が、SPでパーソナルベストを3点近く更新しました。嬉しい!

アメリカ大会と比べると、ちょっとだけスピードと勢いがなかったかな?と思ったんですけど、ちゃんと演技構成点も出ていたので、私が緊張しながら観ていたせいでそう見えたんでしょう。

前回は最後のフリップが乱れたので、最後の所は特にドキドキしました。多分、三原選手自身はもっとドキドキしたと思いますが、落ち着いて跳べてたように見えました。
メンタル強いな。羨ましい。
ガッツポーズも可愛かったですね。

上にいるのがオズモンド、ラジオノワ、下には約4点差でトゥクタミシェワ、ワグナー・・・凄い顔ぶれですね。

三原選手が表彰台圏内をキープするのは、正直簡単ではないと思います。

前回の大会では、転倒こそなかったものの3つジャンプのミスがありました。

2A-3Tの2つ目がダブルに。
そのリカバリーで狙った3Lz-3Tの2つ目が詰まってダウングレードに。
そして最後の3Sがダブルに。

それでも123.53。
予定通り跳べていれば、もう10点位多い得点が出たと思われます。
SPのように前回のミスを修正できれば、充分勝負できる!

ただ、他の選手もみんな前回があまり良くなかったので、今大会はリベンジのつもりで気合いを入れてくるだろうし・・・う~ん、全く読めません。


本郷選手はやっぱり今回も回転不足を取られてたみたいですね。「カルミナ・ブラーナ」好きな曲だし本郷選手に合ってると思うんだけどな。手足が長くて華やかさもあるのに。もったいないな。

特にジャンプが低いようにも回転が遅いようにも見えないし、幅があるので滞空時間が長いはず、滞空時間が長ければ回転不足になりにくいはず、と素人考えでは思うのですが。
多分、そんな単純な事ではないんでしょうね。

どうして回転不足になりやすいんでしょうか?
そこが克服できれば常に表彰台争いが出来るはずだと思うのですが。
もったいない。




男子では何と言っても金選手!!!

前回出場したアメリカ大会では、SPのジャンプ全滅でした。どうした、ヒロくん?

今回はほぼカンペキ、と言っていいのではないでしょうか。最初のコンビネーションジャンプ、2つ目の着地が乱れましたが、解説の佐野さん曰く、回りすぎとの事。それくらい調子が良かった、良すぎたという事なんでしょうか?

スピンやステップも良かったと思います。
昨シーズンは、特にFS「ヒックとドラゴン」なんか、振り付けをこなすので精一杯という感じでぎこちなくて、なんかせわしない演技だなあ、という印象でした。でも今シーズンは動きの激しい振り付けにもかかわらずあのせわしなさが無くなってて、たった1年でこんなに変わるものなんだ、と感心しました。


ロシアのコフトゥン選手はどうもジャンプが決まらないですね。ウチのいとこにちょっと似ているので応援しているんですが・・・。
似ていると言ってもほんのちょっとですけど。あんなイケメンでは全然ありません。


あと、ず~っと気になってる事があります。
解説の織田さん、「フライニング」って言ってるんですけど、「フライング」の間違いじゃないのかな?専門家の織田さんがこんな間違いする訳ないから、私が間違ってるのかな?







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村