謎好きにゃんこの妄想

謎と名のつくものに目がないにゃんこが妄想脳で綴るブログですニャ

「信じる者は救われる」?宗教の話ではありません、あしからず。

私は子供の頃からよく「霊感ありそう」とか言われてました。そんな顔してるんでしょうか?霊感ありそう顔ってどんな顔?
実は金縛りにさえあったことがないんですが。霊感なんて、そんなものあげると言われても要らない。ビビりだから、見える人になったら大大パニックを起こして卒倒すると思います。

霊感はないけど、時々妙に勘が鋭く働く事はあります。特に場所に関して。
この場所は好きとかイヤだとか感じた時は、はっきりした理由がなくてもその感覚に従う事にしています。引っ越しの時は絶対です。
部屋を見に行って、例えばAとBという候補の部屋があったとして、明らかにAの方が条件がいいとしても「何か好きじゃないな、ここ」と思ったら絶対にそこは選びません。今まで何度か引っ越しましたが、新しい部屋選びに関してはその勘に従ってきて一度も後悔した事はありません。



その勘はどこから来るのか?霊感的なものなのか?いえ、やっぱり私にはそれはないと思います。多分、場所というものに関して人一倍拘りがあるので、無意識のうちに細かくいろいろな所をチェックし判断しているか、もっと単純に好き嫌いが激しいだけか。

もしかしたら、霊感とはちょっと違う、いわゆる「その場の雰囲気に敏感」というタイプなのかもしれません。空気読める人・・・ではないな。私、KY線ありますし。空気は読めないけど、雰囲気には敏感、やっぱビビリだからでしょうか。


あえて超自然的な要因を探すとすれば、守護霊が強いのかも。守護霊って信じてます。そのまんまじゃなくとも、それっぽいものはあるんじゃないかと思ってます。
今までの人生を思い返してみて、「あれ、危なかったなあ。一歩間違ったら大ケガしたか死んでたなあ」と思うことがいくつかあって、それを免れることができたのは運という他ない。だって私みたいにドンくさい人間が、反射神経や判断力が鈍い人間が、自力でここまで無事に生きてこれたって、有り得ないですもん。


多分先祖が私の守護霊だと思います。根拠はなく何となくそう思ってるだけなんですけど。そして、これも根拠なく何となくですが、その先祖とは戦争で死んだおじいちゃんじゃないかなあ、と。

私や兄弟、従兄弟などが物心ついた頃から「おじいちゃん」だと思っていたのは、実はおじいちゃんの弟だったということを小学生の頃に知りました。本当のおじいちゃんは戦死したということも。

その、本当のおじいちゃんが出征する前に撮った写真が「おじいちゃん」家に額縁に入れて飾ってあって、それが結構男前だったんです。「これが本当のおじいちゃんかあ。」って思って、男前なのがちょっと嬉しくて。そして振り返って「おじいちゃん」を見て「本当に兄弟?」って思ったりして。(「おじいちゃん」、ゴメン) いや、「おじいちゃん」も別に悪くないですよ。ただ、男前とは言えないかな・・・ああ、またまた「おじいちゃん」ゴメン。でも、控え目でいつも穏やかで、私たち孫に分け隔てなく優しくしてくれた「おじいちゃん」、大好きでした。


その、大好きな「おじいちゃん」のお兄さん、男前の本当のおじいちゃんが私の守護霊なんじゃないかと、願望も込めて思っています。多分、私だけでなく兄弟や従兄弟の事も護ってくれてるんじゃないかな?と。何となくそういう気がしています。



それなのに、私はかなりご先祖様にご無沙汰しています。今年もお墓参り行けなかった・・・。罰当たりモンが~!

でも、「便りがないのはいい便り」とか言うし・・・。

「何、調子ええこと言うとんじゃ、こらぁ!」(岡山弁)

す、すみません、ごめんなさい!!!💦💦💦





話は変わりますが。



昔、手相を見てもらった事があって、別々の人に見てもらったんですが、2回とも「凄くいい手相」だと言われました。一人は手相研究会みたいなサークルの大学生、もう一人はプロの占い師さん。
二度とも、一緒に見てもらった友達はボロクソに言われたのに、私はかなり誉められました。昔の事なので具体的に何をどう誉められたのかあまり覚えてないんですが、とにかく「珍しいくらいいい手相」(by大学生)「気が強すぎるのを除けば、なかなか」(byプロの占い師さん、倉敷の名物占いおばさんで、かなりの辛口、毒舌)的な事を言われたのだけは鮮明に覚えてます。



当たるも八卦、当たらぬも八卦の占いですが。

今まで、それ(私はいい手相をしている❤)を頼りに生きてきた部分もあります。


あ、そうそう、多分ですけど、私の手相、櫻井翔さんのと似てると思います。
何年か前、テレビ雑誌の企画で櫻井クンともう一人、嵐の誰かが手相を見てもらうっていうのがあって、その記事に大写しで載っていた櫻井クンの手相が私のとかなり似ててビックリ!KY線(頭脳線と生命線の始まりが離れている)だけでなく、主要な三本の線、感情線、頭脳線、生命線、プラス運命線、全てのライン、長さ、濃さが凄く似てました。
特に嵐のファンでも櫻井クンのファンでもないけれど、国民的アイドルと手相が似てるっていうので、何かテンション上がりました。
「やった~!櫻井クンが活躍している間は私の人生も安泰かも」

いやいや、油断してはいけない。手相って変わっていくものらしいから。
なので、櫻井クンが出ていると手のひらに注目してしまいます。

もっとも、性格的に櫻井クンとの共通点、特に無さそうなんですけど。あんなに明るくも穏やかでもないし。櫻井クンは休みの日も秒刻みで行動するそうなんですが、私は真逆だし。櫻井クンは私と違ってポジティブそうだし。


あ、でも共通点、ありました!

「撫で肩」と「高所恐怖症」!
そう言えば、櫻井クンもかなりのビビリですよね。

撫で肩に関して言えば、私はずっと、世界でも「撫で肩ヒエラルキー」のかなり上位に位置していると自負していたんですが、初めて櫻井クンを見たとき「負けた・・・orz」と思いました。
ビビリに関してはどっこいどっこいかな?




私は昔から超がつくネガティブ人間なんですが、その割りにはナゼか妙に楽天的な所があって、我ながら不思議だなあ、と思ってました。
考えてもしょうがない事をいつまでもクヨクヨ悩んだり、何事もやる前から「どうせ上手くいかない」と決めつけて諦めたり落ち込んだり・・・。ウジウジ、グズグズ、悶々・・・自分でそんな自分にイライラするぐらい。
かと思えば、突然吹っ切れて、それまで思い詰めに思い詰めてた事がどうでもよくなって、「私、何でこんな事でウジウジ考えてたんだろう?」ってヘラヘラしてみたり。



よくよく考えてみたら、これって、何の根拠もなくナゼか「私には強力な守護霊(多分おじいちゃん)がついている!」と思い込んでたり、「私は珍しいくらい、いい手相をしている!」と信じ込んでいたりするせいなのかも。

だから「まあ、なんとかなるでしょう。」とか「なるようにしかならないしィ~、だったら考えるだけムダだしィ~」「ま、最悪でも死ぬ訳じゃないしィ~」とか、どこが超ネガティブ?っていうくらい能天気になれたりするんでしょう。


あと、昔、カルマだったか、四柱推命だったか何かで、「年齢を重ねれば重ねるほど運気が上がる」っていう占いの結果が出たことがあって、ナゼかそれを固く信じていて、だから辛い事や鬱々する事があっても、「これから良くなっていくんだから」って思えた。

実際、当たっているかどうか、良くなってきたのかどうかわからないけど。


まあ、当たっていてもいなくても、結局は心の持ちようなんですよね。





「信じる者は救われる」って言葉の真の意味はこういう事なのかも。ニャハッ❤



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村