謎好きにゃんこの妄想

謎と名のつくものに目がないにゃんこ好きが妄想脳で綴るブログですニャ

世界フィギュア ネイサンのFSを勝手に採点

宇野選手のFSに引き続き、滑走順に上位3選手のFSをマイルール(公式の採点ルールをベースにした独自ルール)で採点シミュレーションをし、実際の採点と見比べて、素人の分際でジャッジにケチつけるシリーズでございます。


自己満足のお遊びなので、流し読みしていただければ。


※GOEは0.5刻みです。

プラス面はあまり厳密ではなく、いろいろな要素を加味して大体で決めてます。例えば、3つの項目に関して非常に良いとまでは言えないけどまあまあ良い、の積み重ねで1.5か2にする、というような決め方です。

微妙な差しかないのに、この選手には1、こっちの選手は0と完全に分けてしまうのも、それはそれでアンフェアな気がする。頭の中で0.5単位くらいで計算してそれを合算して最終的な数字を出してもいいんじゃないかと思う。

qは-2、<と<<は一律に-3

<<は基礎点で既に可哀想なくらい下げられてるので、GOEで<と更に差をつける必要はないと思う。

!は-2、eは-3と決めてます。


回転不足やエッジエラーの判定そのものはテクニカル様の判断に準じます。が、公式ルールでも認められてたと思うので、マークが付いてなくても回転不足やエッジエラーだと思ったものには、GOEで-1とします。

スピンステップのレベルに至っては全く分からないので、テクニカル様を信じてGOEを考えてます。信じるしかないのだ。



ネイサン・チェン

          実際の採点   私

4Lz           11.50     3.94   15.44     4.03  15.53

4F3T         15.20    2.99   18.19      2.20  17.40

3Lz             5.90     1.77     7.67      1.77    7.67

4S               9.70    3.19   12.89      2.43  12.13

CCSp4       3.20    0.96     4.16      0.96    4.16

CCOSp4    3.50     1.10     4.60      1.05    4.55

StSq4         3.90    1.50     5.40      1.17    5.07

4T1Eu3F  16.83x   2.31   19.14      1.43   18.26

4T3T        15.07x   2.85   17.92      2.85   17.92

3A              8.80x   1.83   10.63      1.60  10.40

ChSq1        3.00    2.00     5.00      2.00   5.00

FCCOSp4  3.50     1.35    4.85      1.05    4.55


SS                                      9.61                  9.25

TR                                      9.46                 8.25

PE                                      9.71                  9.25

CO                                     9.61                  8.25

IN                                       9.68                 8.50

(PCSは宇野選手の数字を基に相対的に考えました。

宇野選手のPCS

SS 9.00 TR 8.50 PE 8.75 CO 8.50 IN 9.00)

実際の採点

TES 125.89 PCS 96.14 D 0.00    TOT 222.03

私のマイルール採点

TES 122.54 PCS 87.00 D 0.00    TOT 209.54


ネイサンのFSは、既に何回も見てるのですが、採点ごっこをするために改めて集中して見て「あれ?ネイサンのジャンプってこんなにスピードなく、こんなにキレのない回転だったっけ?」という感想を持ちました。SPの時もトリプルアクセルなんて特にスピードなく、失敗しない事だけに集中してスピードと踏み切るタイミングをコントロールして跳んでるように見えたのですが、他のジャンプは特に気にならなかった。

が、FSは4回転とトリプルアクセルのほぼ全てにスピード、勢い、キレがないと感じる。久しぶりに昔の録画を見直して(ダッタン人の踊りのやつ)やっぱりなんか違うな〜と。そういう目で見てるから違うように見えるのか、本当に違うのか。(そう言えば、あの頃はまだフィギュアの衣装らしい衣装を着てたんだな〜、卵焼きとかじゃなくて)

それで、SPに比べて全体的に低めのGOEになりました。SPでは、トリプルアクセルに3、コンビネーションに3.5を付けましたが、FSはなかなか3以上を付ける気になれなくて。

ネイサンのジャンプはほぼ全てにおいて、高さはそこそこあるのに飛距離があまり無い。コンビネーションではそれがより顕著になる。

更に、全体的に着氷が前のめり気味で全くスケートが流れない。今は、スケートが流れる滑らかな着氷に高い評価が与えられる傾向になっているんじゃなかったっけ?だから、シェルバコワがSPでこれでもかと着氷姿勢と着氷後の流れをアピールしてたんじゃないのかな?エテリチームは、その時々の採点ルールと傾向を徹底して研究分析してるんだな、と思ったもん。それなのに、その傾向に逆らってるネイサンに高い加点が付くのはやっぱり変。

そもそも高さと飛距離が非常に良い、と踏み切りと着氷が非常に良い、は4以上を付けるための必須条件じゃなかったっけ?高さはともかく飛距離がイマイチ(特にコンビネーション)なネイサンのジャンプに4以上を付けられるケースは本当ならもっと少なくていいはず。SPのコンビネーションに3.5を付けた私が言うのも何ですが。

と、散々言っておいて、4ルッツにいきなり3.5を付けております。いいんです、私はマイルールで付けてるので。飛距離は十分にあるとは言えないけどそれなりだし、高さはある。無駄な力みもなく回転軸、空中姿勢はキレイ、着氷姿勢も良い、マイナス要素はなし、という事で。

4フリップからのコンビネーションは2つとも着氷が良くなかった。自然な流れで2つ目を跳べなくて力で跳んでる感じがする。それもこれも1つ目の着氷で爪先側に体重が乗りすぎてるからではないの?この、前のめりの着氷姿勢グセってトゥルソワにもあると思うんだけど、高難度ジャンプを武器とする2人が同じようなクセを持ってるのって、何か理由があるのかな?もしかして、普通に着氷しようとするとステップアウトやオーバーターンになりやすいので、それを防ぐためにわざとああいう着氷を意識してるのかな?とふと思ったりしたんですけど。体が開きそうなのを堪えるよりは、前にのめりかけたのをコントロールする方が簡単、って判断なのかなあ、と。と言うのも、昔の録画を見直したら、この頃のネイサンは4回転の着氷で後ろに体重が乗りすぎた着氷が多かったから。4回転ともなると相当遠心力が身体にかかると思うので、その勢いを止めるためにはやや前かがみを意識して降りた方が安定するという事なのかもしれない。

あと、4フリップの入り方をちょっと変えてる気がします。うまく説明できないんだけど、以前はシェルバコワに近い入り方だったのが、今は宮原選手や紀平選手方式の入り方になってるような。

4サルコウは3でもいいかな?と思ったんですけど、結局2.5にしました。ジャンプに入る前の動作から着氷までちょっと無駄な力が入ってる感じがしたので。特に跳ぶ前。他よりも更に跳ぶぞ跳ぶぞ感が強いと言うか。

3連続は、最初の4トゥループが回転不足だと思う。よってジャンプの質の良さ3からフリップの着氷がちょっと詰まった-0.5、回転不足-1の計算で1.5としました。

トリプルアクセルは、忘れてたけどそう言えば元々苦手だったジャンプだったよね。SP同様慎重に跳んだと思う。慎重すぎて、助走のスピードがなくこじんまりしたジャンプになってしまったと思います。ここはちょっと甘めにサービスで2にしました。

ステップは、あまり特徴のないオーソドックスな振り付けだな、という印象。可もなく不可もなく無難な感じ。つまらない。でも、まあそれなりに頑張ってるという事で、ここもちょっと甘めに3で。※間違えて3.5で計算してたので修正しました。

ステップがつまらなかったのもあって、余計にコレオの躍動感が突出してるように感じられました。

余談ですが、最後のジャンプ決めた直後、一気にテンションアップ!で勢いよく走り出す所で、ふとネコを連想してしまった。ネコって時々、何の脈絡もなく唐突にハイテンションで走り回る事があるんですよね。トイレで用を足した直後、突然部屋中を走り回り、勢い余ってどっかに顔や足をぶつけて一瞬でテンションダダ下がったり。あれを思い出してしまいました。


PCSは、先に採点した宇野選手の数字を基に相対的に考えて決めました。どこを、何を基準にしていいかわからないので。

SSは宇野選手と同じくらいかな?と思ったんだけど、ミスの多かった宇野選手に対し、なんだかんだノーミスでまとめたので少し差をつけました。試合でミスしないのも技術のうちだと思うので。

TRは、本当はもっと低くてもいいと思いつつ、8.25で抑えました。おそらくコーチの方針じゃないかと思うんですが、繋ぎの点を多少失っても、ジャンプを確実に決めて技術点を稼ぐ戦略なんでしょうね。プログラムの完成度はともかく、勝敗を第一に考えるならそういう選択もあっていいと思う。

問題はジャッジ。繋ぎでの音楽表現をほぼ捨てたようなプログラムに9点台がなんで付く?濃密な繋ぎを目指していろんな工夫や努力をしてる他の選手たちに対して、あまりにもアンフェアじゃないか?

ちょっと落ち着こう・・・。

PEは、これもなんだかんだノーミス演技には価値があると思う。特にあれだけの高難度のジャンプ構成で。SPで大きなミスをした後では。そうしたドラマ性も1つのアピールになると思います。でも、9点台後半は高すぎ。なんらかの表現やったっぽいのはコレオの所だけじゃなかったっけ?後は淡々とエレメンツをこなしていっただけって気が。長く感じた4分だったよ。

COは8.25に。宇野選手のプログラム以上に繋ぎが淡白、と言うよりほぼ無くて、走って構えてジャンプ、走って構えてジャンプ、の繰り返し。せめてもうちょっと音楽に合わせてエレメンツの順番を変え、ジャンプたて続けを減らしたら、多少はバランスの良い構成になったか・・・も?ジャンプを跳ぶ位置も偏ってたし、バランスやバリエーションといったものをほとんど考慮しない、ジャンプ成功させる事だけに特化したようなプログラムだと思う。

INはもう言うまでもなく。コレオで頑張ったね、としか。