謎好きにゃんこの妄想

謎と名のつくものに目がないにゃんこ好きが妄想脳で綴るブログですニャ

世界フィギュア 鍵山選手のFSを勝手に採点

宇野選手のFSに引き続き、滑走順に上位3選手のFSをマイルール(公式の採点ルールをベースにした独自ルール)で採点シミュレーションをし、実際の採点と見比べて、素人の分際でジャッジにケチつけるシリーズでございます。


自己満足のお遊びなので、流し読みしていただければ。


※GOEは0.5刻みです。

プラス面はあまり厳密ではなく、いろいろな要素を加味して大体で決めてます。例えば、3つの項目に関して非常に良いとまでは言えないけどまあまあ良い、の積み重ねで1.5か2にする、というような決め方です。

微妙な差しかないのに、この選手には1、こっちの選手は0と完全に分けてしまうのも、それはそれでアンフェアな気がする。頭の中で0.5単位くらいで計算してそれを合算して最終的な数字を出してもいいんじゃないかと思う。

qは-2、<と<<は一律に-3

<<は基礎点で既に可哀想なくらい下げられてるので、GOEで<と更に差をつける必要はないと思う。

!は-2、eは-3と決めてます。


回転不足やエッジエラーの判定そのものはテクニカル様の判断に準じます。が、公式ルールでも認められてたと思うので、マークが付いてなくても回転不足やエッジエラーだと思ったものには、GOEで-1とします。

スピンステップのレベルに至っては全く分からないので、テクニカル様を信じてGOEを考えてます。信じるしかないのだ。


鍵山優真

         実際の採点     私

4S              9.70      2.63  12.33     2.91   12.61

4T3T        13.70      3.26  16.96    3.33   17.03

3F              5.30       0.91    6.21     0.80    6.10

4T              9.50      3.53  13.03     3.80  13.30

FCSp4       3.20      0.91     4.11     0.96    4.16

ChSq1       3.00       1.21     4.21     1.50    4.50

3A1Eu3S 14.08x     1.26  15.34     0.00  14.08

3Lz3Lo    11.88x   -1.26  10.62   -0.59   11.29

3A             8.80x   -2.29    6.51   -2.40    6.40

StSq4        3.90      1.00    4.90     1.37    5.27

FCSSp4     3.00     0.77    3.77     0.66    3.66

CCOSp4   3.50      0.90    4.40     1.05    4.55


SS                                       8.93               8.75

TR                                       8.71                8.75

PE                                       8.89               8.75

CO                                      8.89               9.00

IN                                        8.79               9.00

(PCSは宇野選手のPCSを基準に相対的に決めました。

宇野選手のPCS

SS 9.00 TR 8.50 PE 8.75 CO 8.50 IN 9.00)

実際の採点

TES 102.39 PCS 88.42 D 0.00    TOT 190.81

私のマイルール採点

TES 102.95 PCS 88.50 D 0.00    TOT 191.45


あかん。どうしても親戚のおばさんのような気持ちで見てしまう。どうしても甘くなってまう。気を引き締めねば。まあ、多少は、初出場で銀メダルのご祝儀という事で。

得点が出て、表彰台確定が分かった時のリアクションが超可愛い。

それと、この曲、最初に聴いた時は特になんとも思わなかったけど、ずっと聴いてるうちにいい曲だなあ、と思うようになった。そして、鍵山クン陣営は音楽によく合った構成組んでると思う。ちゃんと音楽表現の方面にも頭使って工夫してるな、と、ネイサンの味気ないプログラムを観た後だから余計に思う。ネイサン陣営は表現面に気を配る必要ないんだよ。ミスなく滑る事だけに注力してればいいんだよ。何もしなくても、高いPCSが自動的についてくるから。

前半のジャンプ4本は実際のジャッジとそれほど齟齬がなく、まあまあ納得の得点。鍵山クンの4トゥループってホント、3回転跳んだ?って思うくらい軽やかに跳んでるし、余裕がある。

後半のジャンプに行く前にスピンとコレオを配置。このコレオが効いてると思う。曲調に合ってるし、イーグルが綺麗で印象的。

後半のジャンプが惜しかったなー。3本とも完璧には程遠かった。

トリプルアクセルからの3連続は、3つとも着氷が微妙な気が。アクセルのあの着氷はなんて言うのか分からないけど、なんか変。詰まってると言うのともちょっと違う、足首グリってなってる。でも、いわゆるグリ降りとは違う。グリって言うよりちょっとグネっかな?そのせいで次のオイラーが微妙な回転になり、サルコウを跳ぶ頃にはすっかり勢いが無くなったって感じ。そして、そのせいでサルコウの着氷で踵に体重が乗ってしまい、バランスを崩しかけて左足が早く着いてしまった。こういう場合、何をどう判定すればいいのか。正直、私のアタマの中は大混乱です。プラス面、高さ△飛距離×無駄な力が入ってない△踏み切り○?で、ざっくり2くらい?そこから、アクセルの拙い着氷-1。サルコウ着氷でちょい早めに左足を着いてしまったのはどう判断すればいいんだろう?ステップアウトとまでは言わないよね?これも拙い着氷でいいのかしら?ええい!迷った時は選手の利益に、で拙い着氷-1にしとこう。というわけで、2-1-1の計算で無難な0にしときます。オイラーは多分、回転不足とまではいかないだろうという判断でお咎めなしです。

 3ルッツ3ループは、なんでこんなに引かれてるんだろう?高さと飛距離、無駄な力が入ってない、でプラス2はもらえそうなジャンプですよね?私はステップアウトを-3と決めてるので、2-3の計算で-1にしました。ジャッジはみんなステップアウトを-4で計算してるのかな?

最後のトリプルアクセルはプラス面は0、で単純にステップアウトで-3としました。

スピンは全て、回転の速さ、しっかりした軸、姿勢の良さなど基本的なプラス条件を満たしているので3。ただ、フライング足替えシットスピンで、姿勢を変える時にちょっとモタついたように見えたのと、最後の方で少し回転のスピードが落ちたのとで、ここだけ2としました。

ステップは凄く良かったと思う。途中で曲調が変わるのにもしっかり合わせて、メリハリの効いた気持ちの感じられるステップだった。(この辺は多分、親戚のおばさんの気持ちでえこひいきが入ってる)

PCS。

SSは宇野先輩にはさすがに及ばないだろう、でもそこまで差をつけるのもどうかな?という事で8.75としました。加速する時にヨイショヨイショ感がちょっとあるし、後半のジャンプをコントロールしきれなかった、という所がマイナス評価、一方でスピンステップでレベル4を揃えた、前半の高難度ジャンプをキレイに決めた、という所がプラス評価。個人的にはイーグルの美しさが印象に残りました。なので、同じくジャンプミスがいくつかあった宇野先輩とそこまで差をつけなくてもいいだろう、という判断です。

TR。繋ぎの所でも音楽を表現しよう、単調にならないように音に合わせて動きを付けよう、という工夫がそこここにあったと思う。一つ一つはほんのちょっとした工夫だけど、それが積み重なるとプログラムを見終わった時の印象が全然違う。

PEは、本当は9点を付けたかった。でも、後半のジャンプミスが続いたマイナスの印象はどうしても残ってしまう。同じジャンプミスの連続でも、前半ミスって後半取り返した宇野選手の方が観終わった時の印象はいいと思う。一方で、音楽表現への積極性という点では鍵山クンの方がインパクトが強かったと思うので、総合的に考えて宇野選手と同じ評価にしました。どちらもミスがいくつか出ちゃったけど頑張ったよね、見応えのあるプログラムだったよ、って感じです。

COは9.00点。宇野、ネイサン両選手より高く付けました。音楽に合わせた構成の工夫があったと思うので。特に曲調の変化に合わせて入れた中盤のスピンとコレオがアクセントになってて効果的だったと思う。ジャンプも、コンビネーションがオイラーを挟んだ3連続、セカンドがトゥループとループの2種類、とバリエーション豊か。

INも9.00点。後半のジャンプミスがもう少し少なければ9.25を付けたかった。繋ぎの工夫、構成の工夫、と努力の跡が見られる事もあるけど、何より本人が音楽に乗って滑る事が大好きなんだろうな、踊るのが好きなんだろうなというのが伝わってくるのがいい。音楽を表現しようという意欲が感じられるのがいい。多分ここも親戚のおばさんの贔屓目が混じってると思う。でも、この演技でIN9.00点という評価に異議を唱える人はそんなに居ないと思う。多分。そんなにおかしくないですよね?えこひいきじゃないですよね?ね?ね?


成りきり親戚のおばさんが、ちょっとウザくてゴメンナサイ。鍵山クンのキスクラでのリアクションがあまりにも素朴で可愛くてつい。