謎好きにゃんこの妄想

浅~い知識とおふざけ妄想脳で謎解きするニャ🎵

俺は絶対に引っ掛からないというヤツほど引っ掛かりやすい

銀魂」風にタイトルをつけてみました。というか、つけてみたつもり。どうでしょうか?





例えば催眠術とか詐欺とか、「私は絶対に引っ掛からない!」と思っている人ほど引っ掛かりやすい、と聞いた事があります。私もそのクチかもしれません。

「買い物はその時本当に必要な物だけ。無駄な買い物はしない!」と日頃から心がけているつもりなのに、コンビニのレジ横の団子とかチロルチョコとかをつい"ついで買い"してしまうタイプなので。コンビニの販売戦略にまんまとハマってしまっています。わかっているのについやってしまう。



エンタメ業界の代表的な宣伝戦略と言えば「タイアップ」ですね。もはや定番中の定番です。

実写版「銀魂」きっかけで、今UVERworldが妙に気になっています。


UVERworldというバンド、以前から名前だけは知ってました。でも曲はほとんど聴いたことがなかった。調べてみると「Bleach」とかのアニメやドラマ、CMの曲をこれまで結構手掛けているみたいなので、聴いたら「あ、これ、知ってる!聴いたことある!」って曲があるのかもしれませんが、今のところ私が確実に知っていると言える曲は「REVERSI」と今回の「DECIDED」の2曲のみです。

「REVERSI」は大好きな曲です。「青の祓魔師」劇場版の主題歌。映画は観てませんが、テレビシリーズは録画して観てました。今も大事に保管しててここ数日久々に見直してます。UVERworld、テレビシリーズのOPテーマも担当してたんですね。でも「REVERSI」ほどのインパクトはないな。
「REVERSI」本当に大好きなんです。私の好みド真ん中の曲です。この曲だけでUVERworldというバンドを意識し始めるようになりました。でも特にそれ以上深く追求することなく数年が過ぎ、この夏「DECIDED」を聴いて改めてUVERworldに興味が湧いてきました。




実写版「銀魂」の主題歌はSPYAIRの曲になるんじゃないかと思ってました。アニメで何回も起用されてたので。思えばSPYAIRを知ったのも「銀魂」でした。私が日本のバンドを知る、或いは興味を持つきっかけは大体アニメです。

SPYAIRも良かったと思いますが、「DECIDED」を聴いてUVERworldの起用を決めた人ありがとう!と思いました。
ボーカルのTAKUYA∞さんが作詞作曲だそうですね。「REVERSI」も(こっちはメンバーの彰さんと共作みたいです)。TAKUYA∞さんってもしかして天才?こんないい曲、一つ作れるだけでも凄い才能だと思うのに、私の知ってるだけで2曲も!



私は中学生の頃から外国かぶれで、映画も音楽も洋もの一辺倒、日本の映画や音楽は二流、三流のニセものだと頭からバカにしてました。実際、私が決めつけていたほどかどうかはともかく、昔はレベル低かったと思います。

でも、今の日本のロックはかなり充実しているんじゃないかと思います。多様性、層の厚さ、勢い、質・・・。最近は洋楽には全く興味がなく、昔とは逆にJ-ROCK一辺倒。たまに洋楽の番組を観ますが、昔のように「いいな、この曲!誰の曲?何て曲?」と食いつく事が全くありません。ここ数年で、洋楽で「いいな」と思った曲と言うと、アデルの「スカイフォール」とコールドプレイの「パラダイス」くらい。


J-ROCKの一番好きな所は、あの疾走感です。それからキレの良さ。私はフィギュアスケートが大好きなんですが、中でもスピードとキレのあるスケーターが好み。音楽と一緒です。スピードとキレの良さが好きって、何か単純バカっぽいですね。

多分、探せば洋楽にも疾走感のある曲はあるんだろうとは思います。ただ、J-ROCKには洋楽にはない独特の疾走感があるような気がする。単なる思い込みかもしれません。でも、やっぱり今のJ -ROCKの疾走感には特有のカッコ良さを感じます。


ファンと言えるほど詳しくはないですが、一番好きなバンドはONE OK ROCK。珍しくアニメきっかけではなく、たまたま予約録画していたBSの「邦楽BREAK」という番組で「Deeper Deeper」のPVを見て「何?この曲!かっこいい!!」と思ったのがきっかけ。それからすぐ「るろうに剣心」の主題歌「The Beginning」を知って、一気に興味を持つようになりました。

その次に、まあまあ興味のあるバンド群が、UVERworldSPYAIR、シド、BUMP OF CHICKENなど。その中からUVERworldが一歩抜け出しつつあるところです。


これもアニメや映画の製作陣がUVERworldに目をつけてくれたおかげ。それがなければ、ミーハーな私は「REVERSI」にも「DECIDED」にも出会えなかったかも。UVERworldも名前を聞いた事があるだけのバンドで終わっていたかもしれません。



きっかけなんて何でもいいんだと思います。



たまたまラジオから流れてきた曲に心を鷲掴みにされた的な、何の先入観もなく純粋に音楽の魅力に惹かれた、という「王道」も良し。
音楽には全く関係なく、例えばバラエティ番組でトークが面白かった、とか、メンバーがみんなイケメンだった、とか「邪道」でも良し。
きっかけが何であっても、まずは存在を知る事、興味を持つ事が大事。最初どういう所に惹かれたとしても、その人がアーティストならどんな音楽をやってるんだろう、曲を聴いてみたい!って絶対思いますもん。
逆に、どんないい音楽を作っても、聴いてもらえなければただの自己満足ですもん。そして、曲を聴いてみてそこに魅力を感じなければ、どんなにイケメンぞろいだろうがトークが面白かろうがいずれは飽きる。


「REVERSI」も「DECIDED」も好きなアニメがらみなので、もしかしたら曲を聴き始めた最初のうちは、純粋に曲の魅力に惹かれたと言うよりアニメのイメージが上乗せされて実際以上にいい曲に感じた、という事があったかもしれません。
でも「REVERSI」はここ数年何度も聞き返してますが全然飽きない。更にこのところ「DECIDED」と合わせて一日に何十回も聴き倒してますが、2曲とも全く飽きない。



きっかけが何であっても、結局最後に残るのは自分のツボに合った、「本当に心が選びたい」音楽(「DECIDED」の歌詞にかけてみました)なんだと思います。





これも、ある意味一期一会。

これからもミーハーな網を張り巡らして、かっこいい音楽を捕まえるニャ~!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村