謎好きにゃんこの妄想

謎と名のつくものに目がないにゃんこが妄想脳で綴るブログですニャ

フィギュア2019ー2020シーズン イチ推し!横井ゆは菜選手

まだまだ残暑厳しいですが、氷上の美しき闘いは既に始まっています。


グランプリシリーズ、ジュニアは既にスタート。シニアは来月からですが、先日行われたげんさんサマーカップなる大会には坂本花織、樋口新葉らが出場。今季遂にシニアデビューの横井ゆは菜が優勝。



横井選手は日本選手の中で、私の今季のイチ推し選手。
昨シーズン、18歳ととっくにシニアに進んでてもおかしくない年齢でしたが、あえてジュニアで臨み、全日本ジュニアで優勝、全日本で7位。
昨シーズンのプログラム、SPもFSも大好きでした。

横井選手の演技の特徴は落ち着きと丁寧さだと思います。ジュニアで年少の選手たちに混じってたからそういう所が目立ったのかもしれませんが。
腕から指先まで気を配った丁寧で柔らかな表現、スピーディで滑らかでコントロールされたスケーティング。最初から最後までスーッと流れるように、無駄な力が入ってなくて、なのにパワーを感じる、そういう演技が持ち味だと思います。


技術面ではジャンプ>ステップ=スピン、かな?

ジャンプは回転不足やエッジエラーを取られる事が少なく、加点も大きい。助走が短めで、ヨッコラショ感がなく幅も高さも十分、しかも私の観た試合に限ってですが、大きなミスが少ない。質の良いジャンプを安定して跳べるのが強みだと思います。

ステップは昨シーズン、だいたいレベル3でした。(2だった試合もあったかも。ちなみに今季のげんさんサマーカップのフリーはレベル2だったようです)
(私は未だにレベルの差がどこにあるのかわからない。同じ選手の同じプログラムの4が取れた演技と3になった演技を何回見比べてもわからない)
元々レベル3の構成で予定通り取れてるのか、レベル4を狙った構成なのに取りこぼしているのか。横井選手はどっちなのかな?
レベルは別として、全身を大きく使った滑らかで柔らかさのある横井選手の丁寧なステップ。大好きです。

スピンは全てレベル4の構成になってるようですが、レベル3や2になる事も時々あるようで、安定感はイマイチ、なのかな?
個人的には、ビールマンをやらないのが気になる。ビールマンをやらない女子選手は少数派とは言え、トップレベルの選手にも何人かいるので別にいいっちゃあいいのですが、やっぱりビールマンやるとやらないとではお客さんの沸き方や拍手が違う。GOEには影響するのかな?軸の綺麗な回転の速いスピンの割に、GOEが(私の予想と比べて)低めなので、ビールマン入れたらもう少し貰えるのかな?と思ったりしてたんですが、実際のところどうなんだろう?私はビールマン好きなので、出来るならやって欲しい。

ステップやスピンに更に磨きをかけて、コンスタントにレベル4(悪くても3が1つか2つ)が取れるようになれば、ショート70、フリー140くらいは得点を稼げるポテンシャルがあると私は信じていますっ!


それから調整・・・おっと、もとい演技構成点。大体各項目7.5平均貰ってるようです。中でもパフォーマンスが高めの評価になってる事が多いみたい。私が思う横井選手の演技の特徴、落ち着きと丁寧さはこの項目の評価要素だと思うので納得です。
解説者の言ってた「見せ方が上手い」「余韻の残し方が上手い」も、パフォーマンス項目の高評価に繋がってると思われます。




今季のFSは昨シーズンから継続で「オペラ座の怪人」。おそらく更にブラッシュアップしてきてるのではないでしょうか。この日曜日(※勘違いでした。土曜0時からでした。早目に録画予約しておいて良かった)に放映予定の「フィギュアスケートTV!」で、多分げんさんサマーカップの模様を紹介してくれると思うので楽しみです!



ちなみに、妹のきな結選手は中学生にして3アクセルにチャレンジ中。公式戦での成功はまだのようですが、紀平選手に続く3アクセルジャンパーになるのか、これまた楽しみ。(※きな結選手もげんさんカップに出場してて、3アクセルを成功させたそうです。やったね!)

どうも、今季は3アクセルに挑戦する選手が大量に出てきそうな感じです。
アメリカの新星アリサ・リウ選手の事は大きく取り上げられていますが、他にもたくさんいるようです。ロシアのコストルナヤもシニアデビューに合わせて3アクセル習得を目指している、という話もありましたし、日本選手では、既に公式戦で成功させてる細田采花選手の他、三宅咲綺選手、ジュニアの吉田陽菜選手など続々。

男子が4回転時代に突入したように、女子は3アクセル時代に入っていくのでしょうか?

ロシアの4回転女子、トゥルソワやシェルバコワも3アクセルにトライしてるそうです。が、4ルッツという現時点で最高難度のジャンプを跳べる選手でも、3アクセルはなかなか跳べないそうです。
単純に考えれば、4回転がバンバン跳べるなら3アクセルも跳べるはず、なのですが、3アクセルには他のジャンプとは違う難しさがあるんだそうです。


それにしてもアリサ・リウも含めて、やっぱり3アクセルはアジア系向き、アジア系有利のジャンプなのかもしれません。アジア人の体格的特徴と相性がいいのかも。