謎好きにゃんこの妄想

謎と名のつくものに目がないにゃんこが妄想脳で綴るブログですニャ

今宵決戦!フィギュア世界選手権女子 待ちきれないニャ!!

待ちきれないニャ!!
いよいよ今夜、最新の世界女王が決まりますっ!

ワクワクドキドキが止まらないニャ!






○イチ推し!坂本花織選手


今シーズン、GPシリーズ・アメリカ大会でのFS「ピアノ・レッスン」でトリハダ立ってから、一番好きな選手になった坂本選手。
素晴らしかったー!
SP、FS通して今シーズン最高の出来でしたよね?私にはそう見えました。
観てるこっちはメチャクチャ緊張してガチガチでしたが、当人はいい緊張だったそうです。プレッシャーに弱い私は、もうそれだけで尊敬!

坂本選手のスケーティング、スピードと流れがあって滑らかで本当に大好きです。もっと演技構成点欲しい!表現力も増してきてると思うし、もう少し評価してくれてもいいんじゃない?と毎回思います。
今回は34.88とこれまでに比べると高めでしたが、まだまだ。今回の出来なら36点くらいは欲しいです。

前にも書きましたが、ターンからの3ループ、ジャンプ得意な坂本選手のジャンプの中でも一番好きです。今回もキレイに決まりました。本当に美しい!現役選手の中で一番のループジャンパーだと思う。

この調子で、FSも今季最高の「ピアノ・レッスン」を期待します。

GPSアメリカ大会ではルッツの着氷が乱れ、フィンランド大会ではスパイラルで靴のブレードをつかみ損ねてバランスを崩し、ファイナルでは2アクセルからの三連続で転倒。優勝した全日本でもルッツが踏ん張った着氷になり、四大陸では三連続最初のアクセルが抜け、と、まだ完璧な「ピアノ・レッスン」は滑れてないんですよね。

欲張りかもしれませんが、この世界選手権でゼヒ完璧な「ピアノ・レッスン」が観たい!

そして、ベスト更新して欲しい!

ノーミスなら技術点80点も不可能ではないし、演技構成点も70点出ると思う。と言うか、これまでの大会でも70点は出ないとおかしかったと個人的には思っています。
GPシリーズでは67~68点でしたが、その後の全日本では繋ぎの振り付けが更に濃密になっていたので、少なくともGPシリーズレベルのパフォーマンスが出来れば70点は必ず出るはず。更にノーミスでもっといい演技が出来れば72、3点かそれ以上の点が出るはず。
・・・と外野の素人が勝手に取らぬ狸のなんとやら、ですが。あながち間違った計算ではないと思います。

つまり、ノーミス、又は小さなミスで抑えられれば150点台を出せる可能性は充分あり、ショート首位のザギトワ選手の出来次第では逆転優勝もあり得ます。

ライバルや点を気にしすぎて失敗した四大陸の事もあるので、坂本選手自身には自分の演技に集中して欲しいのですが、ファンとしては欲張りたい!
ショートの出来を見る限り、ザギトワ選手は調子と自信を取り戻している感じなので難しいとは思います。フリーで逆転!の必勝パターンを持つ紀平選手もいます。でも、今の坂本選手はザギトワ選手、紀平選手などと頂点を競える選手、優勝候補の一角である事は間違いないと思います。



○新エース!紀平梨花選手


またしてもショート出遅れ、でしたね😿GPファイナル以外ほぼこのパターン。しかも、今回はザギトワ選手が82点台のシーズンベストを叩き出し、11点以上の差がついてしまいました。これは厳しい!

驚いたのは、この結果に寄せられたネットのコメントに厳しく冷たいものが多かった事。「学習能力がない」「何回同じミスしてんだよ」などキツめのコメントが・・・。

ただ、これは、紀平選手が名実共に、日本の新エースとして認められたという証だと思います。

GPファイナルで優勝するまでは、紀平選手はスーパールーキー、女王ザギトワに挑むチャレンジャーという立場だった。それが、ザギトワ選手に実際に勝って優勝した事で、日本の新エース、世界選手権の優勝候補筆頭になった。
だから、同じようにショートで3アクセルを失敗し、同じように70点前後の得点なのに、今大会は当たりが厳しい。

かく言う私も「あ~、またなの?」って思いましたもん。正直ガッカリしましたし、ザギトワ選手の得点が出て「あ~、今回はダメかも」とも思いました。

でも、ちょっと待て!
そもそもシーズン始まるまで、紀平選手がここまで活躍するなんてみんな思ってました?
私は、紀平選手が昨シーズンのジュニアGPファイナルで3アクセルー3トゥループを女子で初めて成功させて「凄い!将来が楽しみ!」とは思ってましたけど、シニア1年目からこんなに活躍するなんて全く思ってませんでした。3アクセル成功でGPシリーズの表彰台&うまくするとファイナル進出、を願望込みで予想してた程度です。

今シーズンもロシア勢が主役で、日本勢がどこまで食い込めるか?と思ってたところを、日本のフィギュアファンをここまで盛り上げてくれたのは紀平選手ですよね?いわゆる嬉しい誤算、思いがけない拾い物、ボーナスみたいなもんです。坂本、宮原、三原選手などの躍進も、紀平選手に刺激を受けて、という面もあると思います。

要するに、私たちファンは、ちょっとばかし贅沢に慣れて欲張りになってしまってるんですニャ!

でも、それは悪い事ではないと思います。紀平選手がそれだけ力のある選手だと信じているという事ですから。
ファンが実力のある選手や好きな選手に期待するのは当然。いけないのは、選手が結果を出せなかった時に見放したり理不尽に攻撃する事。

正直、今回はザギトワ選手に勝つのは厳しい。個人的には、坂本選手優勝、紀平選手準優勝になればいいな、と思ってますが、坂本選手以上に紀平選手がザギトワ選手に勝つのは厳しい。

それでも、結果はどうなっても最後まで応援しますよ。紀平選手もスピンのレベル取りこぼしたり、ジャンプの小さなミスがあったり、で、完璧なフリーはまだないので、まだまだスコアの伸び代あります。
今大会、回転不足などには厳しいようですが、決まった要素にはGOEが高めにつきやすくなってるみたいなので、ベスト更新あると思います。

とにかく、悔いなく思いっきり滑って来シーズンに繋げて下さい。



○負けるな!宮原知子選手


この5~6年くらい日本のエースとして日本フィギュア界を引っ張ってきてくれた宮原選手。

今回、宮原選手がショートのスタートポジションに立った時、あまり緊張したりドキドキしてない自分に気づいて、ちょっぴりショックを受けました。

「私の中で、もう宮原選手は日本のエースじゃないのか・・・」

今までならメチャクチャ緊張してドキドキしてたのに。今大会も、坂本選手や紀平選手の時はドキドキしました。なのに・・・。

決して宮原選手に期待してないわけじゃない。ずっと好きな選手だったし、今も好きだし応援している。なのに・・・。

我ながら冷たいじゃないか!と思ってしまいました・・・。

シーズン序盤、宮原選手は好調でした。ジャンプの修正に取り組んで、早速成果が出てたように見えました。実際、アメリカ大会で優勝、NHK杯では紀平選手に優勝を譲ったものの僅差の準優勝、順当にファイナル進出!って、そこまでは良かったのですが・・・。

なぜかファイナルで失速、まさかの6位。全日本では高得点を出しましたが、ジャンプの回転不足、かなり見逃してもらってたと思います。決して良くはなかった。

そして今回のショートも回転不足で点が伸びず8位。ステップは大きく振り付けを変えてレベル4を取れてたし、相変わらずスピンは美しい。でも、ジャンプに関しては自信を失ってるように思えます。NHK杯でも全日本でも「もっと思いきって行けば良かった」「出来るならやり直したい」みたいなコメントをしていて、思いきっていかなければ、と頭でわかっているのにやっぱり不安で、跳ぶ瞬間に慎重になりすぎてしまうのかな?失敗したくないという思いが勝ってしまうのかな?という気がします。

回転不足にどんどん厳しくなっていってる採点ルールに適応しようといろいろ努力をしているけど、なかなか追いつかないって感じなのかな?
シーズン序盤はうまくいっていたので、技術的な問題ではなくメンタルの問題なのかな?と思ったりもします。実際どうなのかはわからないですけど。

もうコケてもいいから思いきって跳べ!と素人は思うのですが、やっぱりコケるの怖いしGOEの幅が拡がったから失敗もしたくないよね。でも、慎重になりすぎて回転不足取られるのも悔しいよね。

う~ん、難しいところだ・・・。

元々ジャンプが低い、小さい、と言われていた宮原選手にとってジャンプの回転不足、低い加点は永遠の課題なんでしょうけど、なんとか克服して欲しい。何度も言いますが、シーズン序盤はうまく行ってたので不可能ではないと思う。逆にここを克服しさえすればほぼ弱点は無くなる事になると思います。

もしかしたら、もう宮原選手は日本のエースじゃないのかもしれない。でも、そんなの関係ない。やっぱり私は宮原選手のスケーティング大好きです。

今シーズンすぐには無理かもしれないけど、きっと来シーズン進化した宮原選手が見られると信じています。
そのためにも今日のフリー、宮原選手自身が納得いく演技をして下さい。










待ちきれずに書き散らしてたら始まりました!

ロシアは相変わらず強いですが、
今大会の日本代表3選手は史上最強だと個人的には思っています。

がんばれ!日本!!